【静岡発】福岡空港から行く、美味しいもの満載の長崎女子旅3泊4日モデルコース

【アイキャッチ画像、佐世保バーガーをいれたい】

グルメ旅行がお好きなら、ぜひおすすめしたいのが長崎。長崎には、長崎ちゃんぽんに皿うどん、佐世保バーガーやカステラと有名なご当地グルメがたくさんあります。「でも静岡から長崎ってちょっと遠いし・・・」なんて感じたとしてもご安心を。富士山静岡空港から福岡便を使って行けば、意外とすぐに行けちゃうんですよ。おいしいものを気兼ねなく食べて楽しめる次の女子旅は、長崎で決まりですね!

※2022年冬ダイヤの静岡―福岡線を利用したモデルコースです。
※この記事の掲載内容は2022年11月現在の情報です。新型コロナウイルス感染症の影響により、各施設の営業状況が変わっている可能性がございます。最新の情報は各施設にご確認ください。

もくじ

【1日目】佐世保バーガーやハウステンボス…長崎ならでは観光をチェック

【7:35】富士山静岡空港【9:30】福岡空港到着、レンタカーを借りて出発

早起きしたら富士山静岡空港に集合!朝焼けに輝く富士山をバックに記念撮影したら、いよいよ出発です。

約2時間で福岡空港に到着。レンタカーを借りて、早速長崎へ向かいましょう!

【11:30】肉屋直営の「佐世保バーガー」ランチを堪能 

車で約1時間20分、佐世保市に到着です。佐世保といえば「佐世保バーガー」が名物!ということで、佐世保バーガーの名店でランチタイムにしましょう。

「バーガーショップあいかわ」は、お肉にこだわった肉屋直営のバーガーショップ。長崎和牛を100%使ったボリュームたっぷりのパティは、焼き加減はもちろん、バンズや具材との相性も考えられた本格派ハンバーガーです。

【写真】

注文を受けてから作り始めるのが佐世保バーガーの特徴。出来立てアツアツのハンバーガーにかぶりついてください!

バーガーショップあいかわ

住所佐世保市有福町297-20
TEL0120-58 -4029
Webhttps://aikawaburger.com/

【12:30】「ハウステンボス」でアトラクションや景色を楽しむ

車を10分程走らせたら、長崎を代表するリゾート「ハウステンボス」で夜まで遊びましょう。日本一の広さを誇るテーマパークは、ヨーロッパのような街並みと海へと繋がる運河、四季折々の花々が咲き乱れて、まるで外国に来たようなワクワク感!多彩なアトラクションを楽しみながら、ハウステンボスならではのグルメも満喫しちゃいましょう。

ここで、おすすめグルメスポットをいくつか紹介していきますね。

ショコラ夫人の旧邸

ティータイムにぜひ立ち寄ってほしい「ショコラ夫人の旧邸」は、チョコレートを始めとしたスイーツが味わえるカフェ。注文を受けてからデコレーションされる人気のモンブランは、おいしさだけでなくSNS映えすると評判です。ピンク色を基調とした可愛らしさ溢れる店内でお召し上がりください。

ショコラ夫人の旧邸で食べられる「モンブラン」
ショコラ夫人の旧邸で食べられる「モンブラン」

詳しくはこちら→

チーズワーフ

1階はテイクアウトやスイーツ、2階はレストランとなっているチーズ料理専門店。本場のレシピを再現したチーズフォンデュは、具材が異なる3種類のメニューから選べます。チーズ好きにはたまらないお店。とろ〜りアツアツの濃厚なチーズフォンデュをみんなでシェアしてください。

チーズワーフ
チーズワーフ

詳しくはこちら→

ハウステンボス内のホテルを予約すれば、閉園まで遊ぶことができます。一年を通して、四季折々の美しいイルミネーションが楽しめるハウステンボスを、じっくりと堪能してください。

【21:00】人気のオフィシャルホテル、ホテルアムステルダムに宿泊

ハウステンボスのオフィシャルホテルでも、女子旅におすすめなのがこちら。ヨーロッパ調の広々とした部屋に4人同時に鏡が使用できるパウダールームなど、女子に優しい設備が備わっています。ハウステンボスの中心部にあるので、移動も楽なのが嬉しいですね。

また、ハウステンボスに到着時にウェルカムゲート(入場口)手前、マリンターミナル内の「場内ホテル手荷物預かり所」に荷物を預ければ、ホテルフロントまで荷物を運んでおいてくれるので、到着後すぐに遊ぶことができますよ。

ホテルアムステルダム

ハウステンボス

住所佐世保市ハウステンボス町1-1
TEL0570-064-110(総合案内ナビダイヤル)
Webhttps://www.huistenbosch.co.jp/hotels/am/index

【2日目】

【9:30】「石岳展望台」から絶景を楽しむ

2日目の朝は、佐世保の海を楽しみましょう!ハウステンボスから車で約40分の場所にある「石岳展望台」からは、西海国立公園に指定された208もの島々「九十九島」を360度見渡すことができます。ハリウッド映画「ラストサムライ」のロケ地として知られ、撮影スポットとしても人気です。

©SASEBO

石岳展望台

住所佐世保市船越町2277
TEL0956-22-6630(佐世保観光情報センター(JR佐世保駅構内))
Webhttps://www.sasebo99.com/spot/273

【10:00】九十九島を遊覧船でクルージング

美しい景色にうっとりしたら、石岳展望台から車で約10分、九十九島パールシーリゾートから出航する遊覧船「九十九島遊覧船パールクィーン」でクルージングに出発!海の女王をイメージしたという美しい遊覧船で、島々の間を優雅に進んでいきます。約50分間のクルーズで、多彩な表情を見せる九十九島を間近に感じてください。

所要時間は約50分

九十九島遊覧船

住所佐世保市鹿子前町1008
TEL0956-22-6630(佐世保観光情報センター(JR佐世保駅構内))
Webhttps://99cruising.jp/

【12:00】ランチは佐世保名物のレモンステーキ

車で30分程移動して「下町の洋食 時代屋」へ。佐世保のご当地グルメ「レモンステーキ」をいただきましょう。薄切りの牛肉にレモンの風味が効いた醤油ベースのソースをかけたレモンステーキは、レモンの爽やかな風味が特徴で女性にもおすすめです。レモンステーキにはライスを一緒に頼んで、残ったソースとからめて食べるのが佐世保流。ぜひお試しあれ!

【写真】

下町の洋食 時代屋

住所佐世保市吉福町172-1
TEL0956-30-7040
Webhttp://www.jidaiya.ne.jp/

【13:30】焼き物で有名な「波佐見」で陶芸体験、散策

車で約15分、400年以上の歴史がある焼き物の町・波佐見を散策します。ノスタルジックな風景と現代的でおしゃれなスポットが織り交ざっている波佐見町で、まずは波佐見焼づくりを気軽に体験できるスポットに行ってみましょう。

【写真】くらわん館外観

波佐見焼最大級の観光物産館「くらわん館」では、ろくろや絵付けといった陶芸体験が30~60分程で体験できます。丁寧に指導してもらえるので、初心者にも安心。特別な旅の記念品になりそうですね。

【写真】ろくろ体験の様子

※体験日一週間前までにご予約ください。

※出来上がるまで2週間~1ヶ月半程かかります。完成品は配送もできます。

 

くらわん館(陶芸の館)

住所東彼杵郡波佐見町井石郷2255-2
TEL0956-26-7162
Webhttp://kurawankashop.sakura.ne.jp/index.html

くらわん館のあるやきもの公園周辺「西の原」エリアは、ギャラリーや工房が立ち並んでいて散策にピッタリ。気になるお店をのぞいてみましょう。

くらわん館から歩いて7分ほどの「南倉庫」は、焼き物の総合商社「西海陶器」のオリジナルブランド品を中心に、遊び心のあるデザインや温かみのある器など数多くの陶器や雑貨を販売しています。製陶所の出荷事務所を改装したという趣あるショップで、お気に入りの器をじっくり探してみてはいかがですか。

【写真】

南倉庫

住所波佐見町井石郷2187-4
TEL0956-76-7214
Webhttps://www.facebook.com/minamisouko/

少し道を戻った場所にある、元製陶所の事務所をリノベーションしたカフェレストラン「monne legui mooks」。懐かしく居心地の良い店内で、波佐見焼の器に盛り付けられたスイーツや食事を味わうことができます。歩き疲れた時のひと休みにぜひ立ち寄りたいスポットです。

【写真】

monne legui mooks(モンネ・ルギ・ムック)

住所波佐見町井石郷2187-4
TEL0956-85-8033
Webhttp://www.mooks.jp/information/index.html

【17:00】朝食ビュッフェが人気の「ホテルフォルツァ長崎」宿泊

波佐見町から九州自動車道、長崎自動車道を経由して約1時間、長崎市に移動します。本日の宿は、長崎名物が揃う朝食ビュッフェが人気で、有名バラエティ番組でも紹介され話題になった「ホテルフォルツァ長崎」。長崎新地中華街にも近く、交通の便も良い場所にあるホテルです。ホテルに着いて一息ついたら、中華街に食事に出かけましょう!

【写真】

ホテルフォルツァ長崎

住所長崎県長崎市浜町4-11
TEL095-816-2111
Webhttps://www.hotelforza.jp/nagasaki/

【18:00】長崎新地中華街で長崎中華を堪能 

横浜や神戸と並ぶ、日本三大中華街の一つである「長崎新地中華街」。美味しいものがたくさん揃っています。ホテルから歩いて5分程の場所にある「会楽園」は、ちゃんぽんや皿うどんといった長崎グルメから中華料理まで、多彩なメニューが味わえます。

【写真】

昭和2年創業の歴史ある名店で、長年親しまれてきた長崎中華をご堪能ください。

会楽園

住所長崎市新地町10-16
TEL095-822-4261
Webhttp://www.kairakuen.tv/

中華街には、お土産にしたいグルメもいっぱい!月餅や唐人巻(よりより)など、中華スイーツならではのお土産を選び、ライトアップされた中華街を楽しんでくださいね。

【写真】

【3日目】

【9:30】日本三大名橋「眼鏡橋」周辺散策

3日目の朝は、有名な写真映えスポットに向かいましょう!ホテルから5分程歩いた場所にある「眼鏡橋」は、現存する日本最古のアーチ型石橋。アーチが2つ連なっていて、水面に映り込む姿と合わせると眼鏡のように見えることから眼鏡橋と呼ばれています。一つ手前の橋・袋橋から撮影すると、きれいな眼鏡型に撮れますよ。

眼鏡橋近くの石垣にはハート型の石が隠れてます。このハートに触ると恋の願いが叶うとか。いくつか隠れているので、ぜひ探してみてくださいね。

眼鏡橋

住所長崎市魚の町と諏訪町の間
TEL095-829-1193(長崎市文化観光部文化財課)
Webhttps://www.city.nagasaki.lg.jp/shimin/190001/192001/p000713.html

眼鏡橋周辺にはカフェや雑貨店、土産店など、気になるお店が点在しています。ちょっと覗いてみましょう。

眼鏡橋のすぐ近くにある「カステラ本舗 長崎異人堂 めがね橋店」は、1955年創業の老舗カステラ店。ふんわりとした口当たりとザラメの食感のカステラは、お土産として喜ばれること間違いなし。

【写真】

カステラ本舗 長崎異人堂 めがね橋店

住所長崎市栄町6-15
TEL095-821-3320
Webhttp://shop.ijindo.co.jp/index.html

川を挟んで反対側にある「長崎尾曲がり猫神社」。長崎でよく見かけるしっぽの曲がった猫・尾曲がり猫は、その曲がったしっぽで幸運を引っ掛けてきてくれるのだそう。そんな縁起の良い尾曲がり猫を祀った長崎尾曲がり猫神社は、猫ちゃんの健康長寿や幸せを願う神社です。猫グッズやお守りなども揃ってますよ。

【写真】

長崎尾曲がり猫神社

住所長崎市銀屋町2-15
TEL095-895-7704
Webhttps://omagarinekoz.thebase.in/

【11:30】長崎名物「トルコライス」と「長崎風ミルクセーキ」でランチタイム 

ほど良く歩いてお腹を減らしたら、トルコライスをいただきましょう!トルコライスとは、トンカツ、スパゲティ、ピラフが一つのお皿に乗った、大人版のお子様ランチみたいなグルメ。店によってアレンジもいろいろあるんです。

眼鏡橋から徒歩7分の「ツル茶ん」は、1925年創業の九州最古の喫茶店。この店のトルコライスは、カレーソースがかかったカツにナポリタンとピラフ、サラダも乗ったボリュームある一品です。

【写真】

バリエーションも豊かで、様々な味わいのトルコライスが味わえるのも魅力。食後には、かき氷のような食感のご当地グルメ「長崎風ミルクセーキ」をどうぞ。食事をした人はハーフサイズも頼めるのでおすすめですよ。

【写真】

ツル茶ん

住所長崎市油屋町2-47
TEL095-824-2679
Webfacebook

【13:00】世界遺産「軍艦島」上陸ツアー

食後は、世界遺産になった海上炭鉱都市「軍艦島」へ出発!軍艦島へ行くには、ツアー会社のツアーに参加することが必須です。今回は軍艦島コンシェルジュのツアーに参加しましょう。

ツル茶んから路面電車を乗り継いで約15分、大浦海岸通り駅で降りて長崎港へ向かいます。

軍艦島とは、長崎港の沖合にある小さな島。明治から昭和にかけて海底の炭鉱を採掘するために栄え、ピーク時には5,000人を超える人が住んでいたそうです。ツアーでは当時の住人が住んでいたアパートや学校の跡など、軍艦島の歴史を感じることができます。

【写真】ツアーの様子

ツアー参加者は「軍艦島デジタルミュージアム」に半額で入場できるので、ツアー前の見学がおすすめ。デジタル画像を使った迫力ある展示で、より深く軍艦島を知ることができますよ。

【写真】ミュージアム

※天候等によりツアーが中止になる場合もあります。

軍艦島コンシェルジュ

住所長崎市松が枝町5-6(受付場所:軍艦島デジタルミュージアム)
TEL095-895-9300
Webhttps://www.gunkanjima-concierge.com/

【17:00】稲佐山からの絶景を楽しみながら宿泊

長崎の夜景は、モナコや香港に並ぶ世界新三大夜景に選ばれているんです。大江戸温泉物語長崎ホテル清風は、贅沢に客室や露天風呂から夜景を見渡すことができるホテル。最上階にある露天風呂からは、長崎の市街地や長崎湾を眼下に望むことができ、まるで天空に浮かんでいるかのような優雅さを楽しむことができます。

【写真】露天風呂

長崎グルメが味わえるバイキングは、船盛りなど目にも鮮やか!豪華な食事と絶景を楽しんで、女子旅の忘れられない思い出になりますね。

【写真】バイキング

大江戸温泉物語長崎ホテル清風

住所長崎市大鳥町523
TEL0570-040268
Webhttps://nagasaki.ooedoonsen.jp/

【4日目】

【10:00】世界遺産「大浦天主堂」へ 

さて、いよいよ最終日。本日は長崎の異国情緒あふれるスポットを巡っていきましょう!

ホテルを出発して車で約10分、2018年に世界遺産登録された「大浦天主堂」に到着です。

幕末に建設された、現存する日本最古の教会として知られていて、ステンドグラスやアーチ状の高い天井など、荘厳で美しい姿に思わず見惚れてしまいます。瓦葺きの屋根や外壁に漢字で掲げられた「天主堂」の文字など、日本文化が混じり合った外観にも注目してみてくださいね。

※ 車は近隣駐車場へお停めください
※ 写真掲載については長崎大司教区の許可をいただいています。

大浦天主堂

住所長崎市南山手町5-3
TEL095-823-2628
Webhttps://nagasaki-oura-church.jp/

【10:30】こちらも世界遺産「グラバー園」

5分程歩いて、隣にある「グラバー園」へ。日本最古の木造洋風建築「旧グラバー住宅」を始めとした、洋風建築9棟が公開されていて、2015年に明治日本の産業革命遺産の構成遺産の一つとして登録されました。

©グラバー園

四季の花々が咲き乱れる庭園からは、長崎港を見渡す絶景が広がっています。レンタルドレスで記念撮影したり素敵なカフェで一息つきながら、優雅な時間をお過ごしくださいませ。

グラバー園

住所長崎市南山手町8-1
TEL095-822-8223
Webhttps://glover-garden.jp/

【12:00】長崎ちゃんぽん発祥の店でランチ

グラバー園から歩いて5分、ちゃんぽん発祥の店「四海楼」でランチタイムです。福建料理の湯肉絲麺という料理が基になっているちゃんぽんは、四海楼の創業者が当時の華僑や留学生のために安くて栄養価のあるものを、と作られたのだそう。創業当時の味を守るちゃんぽんは、あっさりなのにコクのあるスープが太めの麺とよく合ってペロリと食べられてしまいます。一品料理もたくさんあるので、みんなでシェアしながら食べてもいいですね。

【写真】

四海楼

住所長崎市松が枝町4-5
TEL095-822-1296
Webhttps://shikairou.com/

【13:00】国指定遺跡「出島阿蘭商館跡」散策

お腹が満たされたら、四海楼から10分程歩いて「出島阿蘭商館跡」に向かいましょう。

江戸時代にヨーロッパ貿易が許されていた唯一の場所である出島は、現在は地続きになっていて、歴史の時間に習ったような海へ突き出た扇形ではないです。しかし当時の街並みは復元されて、まるで江戸時代に迷いこんだような雰囲気が味わえますよ。建物内の展示を見学したり、出島グッズのあるショップを覗いたりしながら、街並みを楽しんでみてくださいね。

©NAGASAKI CITY

出島阿蘭商館跡

住所長崎市出島町6-1
TEL095-821-7200
Webhttps://nagasakidejima.jp

【14:00】「長崎県美術館」を見学、ティータイム

出島阿蘭商館跡からすぐの場所にある「長崎県美術館」は、国立競技場を手掛けた建築家・隅研吾氏がデザインしたスタイリッシュな建物が目印。スペイン美術や長崎ゆかりの美術を中心に展示されています。

写真提供:(一社)長崎県観光連盟

緑の芝生が広がる屋上庭園やおしゃれ雑貨が並ぶミュージアムショップもあり、楽しみ方がいろいろ。運河の上にあるカフェでは、オレンジジュースやカフェオレが入ったかわいいボトルドリンクもあるので、長崎港を眺めながらティータイムを楽しんでくださいね。

【写真】

長崎県美術館

住所長崎市出島町2番1号
TEL095-833-2110
Webhttp://www.nagasaki-museum.jp/

【15:30】車に戻り、福岡空港へ向かいましょう! 

楽しい旅もそろそろ終盤です。駐車場に置いていた車を取りに戻ったら、福岡空港へ出発!

【16:10】大村湾PAで休憩しながらお土産選び

40分程移動したら、大村湾PAで少し休憩。大村湾PAは海を見渡す高台にあるので、景色を楽しみながら休憩ができますよ。そんな絶景を見ながら味わってほしいのが「びわソフトクリーム」。長崎の名産品である枇杷風味のソフトクリームは、爽やかな香りと甘味が特長で、年間約5万本も売れる人気商品です。ぜひご賞味ください。

【写真】

ショップには長崎の名産品も揃っているので、長崎最後のお土産選びにどうぞ。

大村湾PA(上り)

住所東彼杵郡東彼杵町瀬戸郷682
TEL0957-47-1398
Webhttps://www.w-holdings.co.jp/sapa/2720.html

【18:00】福岡空港到着、レンタカーを返したら夕ご飯タイム

約1時間20分で福岡空港に到着。レンタカーを返却したら、福岡空港で旅行の締めにふさわしいおいしいご飯を食べましょう。3階にある「博多もつ鍋おおやま」は、博多名物もつ鍋のお店。3種類のスープを選べるもつ鍋は、プリプリのモツとシャキシャキ野菜の組み合わせが最高!他にも博多の逸品料理が揃っているので、みんなでシェアしてあれこれ食べてみるのもいいですね。

【写真】

博多もつ鍋おおやま 福岡空港

場所福岡空港 国内線3階
TEL092-622-5500
Webhttps://www.motu-ooyama.com/

残りの時間はお土産を見たり、展望デッキから飛行機を眺めたりしながらお過ごしください。

【19:40→21:05】福岡空港→富士山静岡空港

飛行機にのんびり揺られて富士山静岡空港到着。お疲れさまでした♪

美味しいものをたっぷり食べて、大満足の長崎グルメ女子旅。気になるグルメが見つかったら、ぜひ次の旅行で行ってみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは!ふじそらトラベル編集部の富士山ふじ子です。富士山静岡空港からのおでかけ情報や、静岡の楽しみ方をお届けします!お楽しみに♪

もくじ