門司港から湯布院まで!レンタカーで回る福岡・北九州2泊3日の旅

こんにちは、富士山静岡空港の石田です。
2019年の12月に、富士山静岡空港からFDAの福岡便に乗って旅行に行ってきました!
レンタカーを利用したら、県をまたいで様々な観光名所を訪れることができたので、モデルプランとしてご紹介します。

もくじ

【1日目 夜】福岡空港に到着したら、福岡・小倉駅周辺で福岡グルメ

18:30
静岡空港=福岡空港を1日4往復しているFDA福岡便。今回は半日休暇を取って富士山静岡空港出発の最終便に搭乗しました。
福岡空港には18:25に到着。フライト時間は約95分です。
その後レンタカーを借り高速道路を約1時間10分走って、小倉市のホテルへチェックインしました。

20:30頃
JR小倉駅周辺には商店街があり、飲み屋さんも多く立ち並んでいるためお店選びも楽しいですよ♪
私は「感動やきとり 焼き鳥 蔵 小倉魚町」というお店で、福岡名物のもつ鍋をいただきました。

「感動やきとり 焼き鳥 蔵 小倉魚町」について詳しくはこちら

【2日目 朝】山口県〜大分県まで大満喫!

2日目はレンタカーで門司港レトロ~別府温泉まで移動しました。

県を越えましたが、移動時間は意外と短め。山口県から大分県までの移動は1時間半ほどです。JRで行くなら特急ソニック号を利用するのがベストですが、移動時間は特急と車は同じくらいなんです。さらに、レンタカーなら時間に縛られず観光地巡りができるので絶対オススメ。

今回、私がレンタカーを借りた場所は、「スカイレンタカー小倉駅前店」。

GoogleMapsはこちら

10:00
まずは「門司港レトロ」へ。
JR小倉駅から車で30分程度で到着。福岡県から、山口県へ突入しました。
門司港は、明治初期に開港してから120年の福岡県北部の関門海峡に面した街。
趣のある建物が数多く残っていて、‘門司港レトロ’の名のとおり、街並みがノスタルジックなんです。

門司港レトロについて詳しくはこちら

JR門司港駅の駅舎。昭和63年に鉄道駅として日本で初めて国の重要文化財に指定されたそうです。内装も昭和レトロで、あたかもタイムスリップしたような気分を味わえます。

こちらは本州(山口県)と九州(福岡県)を隔てる関門海峡にかかる関門橋。長さは1,083メートルもあります。この橋自体は高速自動車道になっていて、橋の下は、船が通れるようになっています。

12:00
昼食は、門司港駅から徒歩約10分でふぐ料理のお店へ。
本場の下関では、縁起を担いで‘ふぐ’ではなく、‘ふく(福)’と呼ばれているのだとか。

¥3,300の‘ふく御膳’のコースを注文しました。
お刺身・唐揚げ・お鍋・雑炊など様々なふぐ料理が堪能できます。淡白なお魚ですが、繊細でやさしいお味でとても美味しかったです。

三宜楼茶寮について詳しくはこちら

【2日目 昼 温泉県・大分の「別府」で地獄湯巡り!】

16:00
さて次なる目的地へ。
門司から車で約1時間30分かけて、温泉県・大分の「別府」へ到着♪

別府観光といえば、地獄めぐり!
‘〇〇地獄’といった7種類の温泉のうち、‘海地獄’へ寄り道。
お湯がコバルトブルー色の理由は、温泉中の成分である硫酸鉄が溶解しているためだといいます。

海地獄への通行証として、このような可愛らしいステッカーが貰えます♪
お土産コーナーや、足湯、温泉たまご・地獄蒸し焼きプリンの販売など、施設内が充実していました。

海地獄について詳しくはこちら

17:30
宿泊は、大分県別府市内の‘もとの湯宿黒田や’。夕食と翌朝の朝食には、別府らしいかぼすを使用した料理を堪能。地元の食材がたっぷり使われたとても充実したお食事でした。

もとの湯黒田やについて詳しくはこちら

【3日目 午前】大分県・湯布院方面へGO! 人気のお土産もGETしよう

10:30
旅行最終日もまずは別府温泉へ!
まずは旅館から近く、地獄めぐりの1つである‘血の池地獄’へ立ち寄りました。
お湯が血の色のように真っ赤に染まっているのは、酸化鉄、酸化マグネシウム等を含んだ赤い熱泥が地層から噴出し堆積するため、このような色をしているそうです。

血の池地獄について詳しくはこちら

11:30
さて本日は別府から湯布院へ向けて出発です!
…と、その前にちょっと寄り道。
創業大正5年だという大人気の老舗「友永パン屋」でパンを購入しました。食べてみたかったんですよね〜。
ふわっふわでとても美味しいんです。行列が途切れることなく次から次へとお客さんがやって来ていました。

12:30
ようやく、別府から車で約40分かけて湯布院へ到着。JR由布院駅からまっすぐ伸びた‘湯の坪街道’という道には、左右にお土産屋さんがたくさん立ち並んでいます。
おしゃれなカフェや、一つから購入できるコロッケ・お饅頭など食べ物も充実していて、お昼は食べ歩き。

湯の坪街道をまっすぐ突き当たりまで進むと、‘金鱗湖’という湖が見えてきます。
景色が湖面に鏡のように映るのが幻想的です。

金鱗湖について詳しくはこちら

18:00
夕方まで湯布院を満喫し、車で約1時間40分ほどかけて福岡空港へ到着!
レンタカーを空港へ直接返却できるのでとても便利ですね♪

19:35
福岡空港を19:45出発の最終便の飛行機に乗り、富士山静岡空港へ帰りました。

今回の旅では、2泊3日でレンタカーを使用して多くの観光名所を訪れることができました。福岡空港からレンタカーを利用すると九州の有名観光地を満喫できるのでオススメです♪
また福岡便は1日4往復しているので現地滞在時間が長く、めいっぱい楽しむことができますよ。皆様もぜひ遊びに行ってみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは!ふじそらトラベル編集部の富士山ふじ子です。富士山静岡空港からのおでかけ情報や、静岡の楽しみ方をお届けします!お楽しみに♪

もくじ
閉じる