見所&撮影ポイント満載!「富士山静岡空港の裏側見学ツアー」を体験してきました!

飛行機が好き、空港が好き。でも、今は自由に旅行もできないし…

それなら富士山静岡空港にいらっしゃい!
空港をじっくり体験する、新たな「旅」の形を見つけませんか?

富士山静岡空港では、謎に包まれた空港の裏側をまるっと見学できるツアーがあるんです!

今回は、2021年3月21日に開催された「空港見学ツアー2021〜空港の裏側を見にいこう!〜」に参加してきました。
小さな空港だからこそ叶った、あれこれぜ〜〜〜んぶ見られる貴重なツアーですよ!朝10時から、ランチを挟んで5時間ずーっと飛行機&空港だけ!

その見所と撮影ポイントを徹底解説!旅行の代わりや、子どもとのお出かけにとってもオススメの内容なので、ぜひチェックしてくださいね!
▶️4月に開催された空港見学ツアーのレポートはこちら

もくじ

現役FDA旅客係員による、空港のお仕事生解説からツアースタート!【10:00】

富士山静岡空港は、台地の上にある空港です。
実は、結構風が強い。しかも雨が降ると、もくもく霧が立ち込める厳しい条件の空港なんです。
見学ツアーが開催された日も「春の嵐」。雨風吹き荒れる中の見学でした。

あいにくの天候ながらも満員御礼は、期待の表れ!参加者さんたちのカメラを構える姿から、ワクワクが伝わってきます。

地上ハンドリングを行う旅客係員の方による、空港業務の説明からツアースタートです。
●チェックインってどんな役割?
●静岡空港ならでは!富士山が見える席ってリクエストしていいの?
などなど、旅客業務のお話から、飛行機に乗る際に知っておきたい豆知識などを学ぶことができます。

地上係員さんの美しい声が、なんとも心地いい〜。
まるで飛行機の機内のようです。

説明してくれたのは、空港で実際にお仕事されている皆さん。「どんどん質問してくださいね〜!」とのこと。
ぜひツアー参加前に、聞きたいことをリストアップしておきましょう!

巨大給油タンクの上から空港を見てみよう!【11:00】

飛行機に乗る前に、地上でせわしなく働いている“つなぎ服”の人たち。
預けた荷物を機内に乗せてくれたり、飛行機の誘導をしたりする「ランプ業務」と呼ばれるお仕事をする方々です。

飛行機って、どうやって停まるか知っていますか?実は、人が手信号で停めているんです!

この様子も、スクリーンで解説してくれますよ!ランプ業務さんに実際に見せてもらうのもいいかも!ぜひ「見せて〜!」とお願いしてみましょう♪

続いては、飛行機の給油のご紹介。
静岡空港には、飛行機に搭載するオイルを入れている大きなタンクがあります。
このツアーでは、このタンクに登ることもできるんですよ!
高さ5.5m、直径7mの巨大タンクから眺める空港は、どんな風に見えるかな?

撮影ポイント

給油タンクの上から空港を撮ろう!

ツアーは¥1,000クーポン付き!静岡空港限定メニューでランチタイム【11:30】

ツアーでは、空港で使える¥1,000分のクーポン券(¥500が2枚)がついてくるんです。
全部ランチに使うもよし、ごはん用に1枚・おみやげ用に1枚と、分けて使うもよし。休憩タイムも有意義に使ってくださいね。

静岡空港のターミナルビル2階はフードコートとおみやげ屋さんが連なるフロア。どれを食べようか、ワクワクしながら選びましょう!

私がいただいたのは、期間限定で出店中の「This Is Cafe」。ターミナルビル2階、西側にあります。

名物「空港ラテ(¥480)」にはFSZの文字。これ、何かわかりますか?
FSZは富士山静岡空港の空港コード。羽田空港ならHND、成田空港はNRTです。知る人ぞ知る空港コード、ぜひ一枚パシャリしてくださいね〜!

撮影ポイント

空港限定メニューを探そう!

ちなみに…おみやげを買うならおすすめは「Runway Shop FSZ」。飛行機グッズが集まる静岡県で唯一のショップです。
FDAのグッズは機体カラーに合わせたカラフルなラインナップ。お子さんにも大好評ですよ!

ツアーだけの貴重体験!「制限区域」エリアに入れちゃう!【12:30】

空港には、一般の方は立ち入れない制限区域というものが設けられています。

普段は空港で働いている方の中でも限られた人しか入れないエリアですが、今回は特別!
ツアーの私たちも入ることができるんです。

これ、かなり貴重ですよ…!

この日のツアーでは、滑走路の周りをぐるっと一周、バスに乗って見学します。
バスに乗っていても、しっかりパスを確認してもらいますよ。そのくらい、滑走路の中に入るというのは厳重に管理されていることなんです。

制限区域内に潜入した途端、目の前にはF144、福岡からの到着便が!! すぐそこに飛行機が到着するなんて!!

あいにくの雨でしたが、バスの中から「おぉ〜〜!!」と歓声が上がるほど。特にこの日は、霧で視界が悪く「到着できない場合には別の空港に到着地を変更する」といった条件付きの運航。

着陸体制に入った飛行機もなかなか見えません。

ドキドキしながら全員で着陸を見守ります。

…シーン…

「あっ!!見えた!!!」
「きたきたきた〜!」

飛行機が目の前に!!
飛行機のタイヤが地面につくと自然と拍手が巻き起こります。

「かっこいい〜!」というお子さんの声も。
この経験から、パイロットを目指す!なんて夢もできるかもしれませんよ。

撮影ポイント

目の前を離発着する、ダイナミックな飛行機を撮ろう!

※現在、新型コロナウイルスによる減便の影響で、ツアー中に到着便が見られない可能性もあります。

駐機場が目の前に!空港限定の特殊消防車など働く車を見学!【13:00】

富士山静岡空港内には、消防庁舎が併設されています。
注目は空港化学消防車。ものすごい大きさです!

撮影ポイント

巨大な化学消防車の放水シーン!

※天候などの状況により、放水は見られない場合もあります。


消防を担当するALSOK社の方から説明を聞きます。
防火服を着た方が登場したり、放水が見られたりと、特別な光景に大興奮!
この大きな消防車にも乗ることができるんですよ。

撮影ポイント

消防服を着て、消防士になりきろう!大人も着られるよ!

飛行機を押す車・荷物を運ぶ車。いろんな車両が並んでいるよ

空港化学消防車に続き、飛行機の周りで働く車の紹介です。
悪天候の場合には、バスの中からの見学ですが十分に見えるのでご安心を。

実際に車を動かしているランプ業務を行う方が説明してくれるので、詳しいお話が聞けます。質問もできるので、飛行機知識を存分に教えてもらいましょう!

飛行機の到着&出発を間近で見られる!現場の空気を感じよう!

ツアー中には、飛行機の到着を間近で体験できます。
エンジンの大きな音・地上で飛行機を誘導する人の動き・PBB内(Passenger Boarding Bridge)で飛行機を待つ係員など、さまざまな人たちが緊張感を持って仕事をしているところが見られます。

空港の中でも、この瞬間はハイライト。

撮影ポイント

滑走路の中には、空港ならではの機器が並んでいるよ!解説を聞いて写真を撮ろう!


飛行機が到着してから次のフライトで出発するまで、どのくらいの時間があると思いますか?
実は飛行機は地上にいる時間が1時間程度と、かなり短いんです。

全員が一分一秒を惜しんで作業をしています。
テレビで見たようなお仕事を間近で見られるこの時間は、裏側ツアーの醍醐味!
飛行機の出発には、いろんな人が関わっているんですねぇ。

撮影ポイント

空港で働く人たち 邪魔にならないよう、望遠で撮ってね!

ターンテーブルで到着体験!【15:00】

ツアーの締めは、飛行機に乗った時にしか入れない「到着ロビー」の見学です。

おみやげがたっぷり入った袋が、ターンテーブルを流れてくる粋な演出も♪
まるで旅行から帰ってきたような気分が味わえますよ。

撮影ポイント

ターンテーブルから流れてくるおみやげ 左側から流れてくるよ!

最後に嬉しいおみや付き♪15時までたっぷり見学できました!

※おみやげは一例です

富士山静岡空港のおみやげがたっぷり詰まったFSZバッグ。おうちまで大事に持って帰ってくださいね!
空港見学ツアーはここまで。制限区域のパスを返しておしまいです。

10時から15時まで、どっぷり空港が楽しめる旅になりました。飛行機好きさんも大満足の“空港の裏側”ツアー、何度でも足を運びたくなる充実の内容です。

ぜひ、富士山静岡空港で新たな旅の形を見つけてくださいね!

▶️4月に開催された空港見学ツアーのレポートはこちら

※この記事の内容は2021年3月21日に参加した空港見学ツアーの内容です。季節や天候などの状況により、ツアースケジュールが前後したり、内容が変更になる場合があります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

空港周辺で暮らす3児の母。実は富士山静岡空港立ち上げメンバー、旅客担当のひとり。FDA、ANAのアナウンスが得意です。空港も飛行機も旅行も大好き!静岡空港情報どんどん発信していきまーす!

もくじ
閉じる